忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
7月も最後の週となった。
根幹、週1回に化成肥料を施し、スミソンの散布も毎週行ってきた。
2階のヒョウタンは、葉が黄色くなったり、枯れてしまったものも多く出てきた。
おまけに、ウリキンウワバの幼虫が付いてしまったようだ。
屋根より高い位置にある葉についている。


2階のヒョウタンは、こんな感じである。



1階のヒョウタンも葉が枯れてきたのものある。
枯れないまでも、葉の一部が病気になっていると思われる葉もある。


また、雌花が咲くようになった。
今ついている実に栄養が行きわたったため、あらたな命をヒョウタン自身が求めているらしい。
はじめになった千成ヒョウタンは、収穫の時期に来ている。
それでも8月に入ってからにするつもりである。

拍手[0回]

PR
2階のヒョウタンの葉にウリキンウワバの幼虫が付いてしまった。
農薬を毎週蒔いていたのであるが、今週は、毎日のように雨が降り効果が薄れてしまったためだと思う。



当然、捕殺したこは言うまでもない。

1階のグリーンカーテンは、鉢に近い付近の葉が枯れてしまっているが、それでも日よけの役割はしっかりと果たしている。


2階のグリーンカーテンも鉢に近い部分の葉は枯れてしまったので、処分を行った。
2階の葉は全体的に小さい。
それでもたくさんあるので、日よけの役割は果たしている。

拍手[0回]

7月の中旬にさしかかって、2階のヒョウタンの勢いが弱まってきた。

根元に近い葉から枯れてきた。


おまけに葉の大きさが小さい。


また、うどんこ病の葉も多くなってきた。


大ヒョウタンの葉っぱを比べても小さいし、数が少ない。


1階のヒョウタンは、順調と言ってよい。
大ヒョウタンの葉は、このくらいの大きさのがたくさんある。


目的であるグリーンカーテンの役割を十分に果たしている。




土日に化成肥料を施し、農薬を散布する栽培を続けていきたいと思う。
今のところ、ウリキンウワバの被害はないと言ってい良い。

観察しながら、注意をしていきたい。

噴霧器が壊れてしまった。
正確に言うと、空気が漏れる穴が開いたため、圧がかからない。
ということは噴霧ができないのである。
瞬間接着剤で補修はしてみるが、新しいのを購入するしかない。

拍手[0回]

ヒョウタンにウリキンウワバの成虫が来ていた。
変な名前であるが、漢字で書くと「瓜金上羽」と書くようである。


この蛾が葉に卵を産み付け、孵化した幼虫が瓜類の葉を食するわけである。

幼虫は害虫として処理される運命である。
今年は週に1回農薬を散布しているので幼虫が葉を食べた時点で死ぬことになる。
が、自然界では、ウリキンウワバが受粉をしてくれるため、なくてはならないものでもある。

拍手[0回]

7月に入った。
ヒョウタンは、現在付いている実が成長するために、新しい実がならないように雌花が咲かないように自分自身を制御しているようだ。
大ヒョウタンは、受粉した実も成長せずに黄色く変色して成長をストップしてしまう。

2階の千成ヒョウタンは、あまり良い形のヒョウタンがない。
それでもこれなどは良い方の部類である。



7月4日現在のグリーンカーテンの様子である。

2階は、まだまだ隙間が多い。



1階は、しっかりとグリーンカーテンの役割を果たしている。


まだまだ成長しそうである。

今年からは、週末に8-8-8の化成肥料を毎週施している。
今週からはマグネシウム入りの化成肥料も混ぜることにした。

それと、スミソン(マラソンとMEP乳剤)に、うどんこ病予防のカリグリーンを混ぜた農薬を同じタイミングで施している。
毎週散布しているので、ウリキンウワバの幼虫の被害は今のところはない。

拍手[0回]

本日は、定例の追肥を施し、鉢に土を足した。
今日の肥料は、マグネシウム入りのものを施した。
黄色くなっては枯れてしまう葉の数を少なくしたいからである。


2階の大ヒョウタンもだいぶ大きくなった。今日はコンビニの袋で実を入れてつるす作業を行った。
蔓を守るためである。


大ヒョウタンは1本に1つの実しかならない。
ヒョウタンが自らを規制して雌花が咲かないように制御しているからだ。
1つの実に、栄養を集中させてるためである。


本来の目的はグリーンカーテン。
1階のグリーンカーテンは、既にその役目を果たしている。


7月8月の陽が強いときに葉が茂ってくれていると良いのだが、今のままの勢いだと、その頃には葉が散ってしまっているかもしれない。


2階のグリーンカーテンは、千成ヒョウタン中心のため葉の大きさが小さい。
そのため、陽を遮る面積が狭くなる。


それでも役割は果たしてくれてはいる。
2階の鉢にも肥料を施した。マグネシウム入りである。

拍手[0回]

1階のヒョウタンはきれいなグリーンカーテンになった。


完璧である。
白い花も沢山咲いている。受粉も沢山実施した。




大ヒョウタンは、原則、1株に一つの実のため自分自身で一つの実を実らすために他の実は栄養がいかないように作用される。

黄色くなって枯れてしまう。

ヒョウタンの持つ能力である。

大きく育っている大ヒョウタンの実はこんな感じで成長している。
1週間もすれば倍ぐらいの大きさになるだろう。


拍手[0回]

1階のヒョウタンは、グリーンカーテンの役目を果たすようになった。
大分成長したので、葉が太陽の光を遮ってくれる。



大ヒョウタンの葉は、手のひらサイズよりだいぶ大きなものがたくさんある。




2階のヒョウタンは、鉢のサイズが小さいせいか、ちょっと成長が鈍いように感じる。


1階の千成ヒョウタンのサイズも大きなものがなっている。
今年は期待できそうである。


拍手[0回]

ウリキンウワバの成虫が、ヒョウタンの葉にとまっていた。

ということは、卵を産み付けに来たということである。
捕殺したことは言うまでもない。
ということで、実に虫よけの袋をかぶせた。
昨年、一昨年と行った自我流の方法である。



比較的形の良い実から袋をかぶせた。


1階のグリーンカーテンは、どんどん大きくなる。
昨日を比較をしても10cmは伸長している。

拍手[0回]

1週間で蔓もだいぶ伸びた。
1階の大ヒョウタンは、蔓の先端がネットの最上部まで達してしまったので摘芯した。



2階のヒョウタンも蔓が伸びた。



受粉作業を行った雌花は、順調に実が大きくなっていく。
1階の千成ヒョウタンである。


こちらも1階の千成ヒョウタン。


大ヒョウタンも受粉作業を行っているので大きくなっている。

葉にウリキンウワバの幼虫がついていた。
見つけ次第捕殺し、殺虫剤のスミソンにダインとカリグリーンを混ぜてスプレーで塗布した。

拍手[0回]

受粉作業を行った。


拍手[0回]

大ヒョウタンの葉が大きく成長した。

自分の手のひらと比較すると大きさがわかる。


1階のヒョウタンは午後の時間しか日が当たらないが、自家用車がないため午後いっぱいは陽があったているため、大きく成長していると思う。




今日も花が咲いている。
受粉作業に忙しい今日この頃である。

拍手[0回]

ヒョウタンの花が咲くようになった。雄花と雌花の両方である。
ということで、受粉作業に取り掛かった。

千成ヒョウタンも大ヒョウタンも開花している。

千成は、


大ヒョウタンは


花は、千成ヒョウタンも大ヒョウタンの違いはない。
同じ白い花である。



2階のヒョウタンは、日が当たる時間が長いので、だいぶ大きくなった。

拍手[0回]

ヒョウタンは伸長中である。
わき芽をつみながら、ネット全体に蔓が行きわたることを想像しながら、蔓を誘導している。

本日の2階のヒョウタンは、こんな感じである。




2階の鉢は順調に伸長している。
今年は毎週、追肥を少しずつ施してい行こうと思う。


1階のヒョウタンの状態である。
左側の2鉢が千成ヒョウタン。
右側の2鉢が大ヒョウタンである。


大ヒョウタンのうち、左側の鉢の苗は、親蔓が1本伸びるわけでもなく、何本も蔓が出てきてしまうため、ネットにまだ届いていない。
それでも蔓を摘芯して、1本だけネットに届くように誘導をしてみた。

今しばらく様子見である。

拍手[0回]

1階のヒョウタンも配置を完了した。
千成2本に大ヒョウタン2本である。

写真の左側(手前)から千成2本、大ヒョウタン2本である。


逆側からはこんな感じ。

ネットまで距離があるので、ビニールひもで蔓を誘引している。
今週中には、ネットまで蔓が到達するはずである。

そうしたら、摘芯して子蔓を延ばすことにする。



昨日配置した2階のヒョウタンは、既にネットに蔓が届いている。
本日は、しっかり蔓がネットをとらえていた。

一日でだいぶ大きくなった。

拍手[0回]

この1週間でだいぶ成長した。
蔓も出てきた。
ということで2階のバルコニーに千成ヒョウタン3本、大ヒョウタン1本を配置した。
1階には、大ヒョウタン2本、千成ヒョウタン2本である。
今年は合計8本である。

2階の配置状況である。




1週間前がこの大きさ。この1週間でだいぶ大きくなった。





千成3本の摘芯をして、子蔓を出させるようにした。

拍手[0回]

定植かた1週間たった。
どれくらい成長しているだろうか。

1週間前は、この大きさ。



本日5/23日は、この大きさ。
上の写真の右上の鉢である。


これだけ大きくなった。


全体的には、これだけ大きくなった。


拍手[0回]

昨日、定植した千成ヒョウタン。


猫除けのため、今までどおりカバーを掛けて管理します。



種を余分に蒔いたため、大ヒョウタン5鉢、千成ヒョウタン5鉢が余っている。

もしばらくしたら処分することにする。

拍手[0回]

大分大きくなったので定植をした。

千成ヒョウタンを5本


大ヒョウタンを3本




大ヒョウタンは、今年購入した種からのものである。

平成25年に採取した種が発芽するか実験を行っていた。
実験といっても、種を10粒まいて、いくつ発芽するかを確認しただけである。

大ヒョウタンは、10粒のうち6本が発芽した。ナメクジに食べられてしまったのもあるが
60%の発芽率である。


千成ヒョウタンは、1本も発芽していない。
今年は、種取用の実を数個用意し、水につけることなく種を採取したいと思う。

拍手[0回]

ヒョウタンの苗もナメクジやカタツムリの攻撃を乗り越えて、大きく育った。
大分安心である。あとは、水遣りを忘れてからしてしまうことだけである。
もう一つは、猫のおしっこで枯れてしまうことである。

大ヒョウタンである。鉢は、2本または1本にしました。



千成ヒョウタンは、2本または3本で様子見である。
まだ、ほんのちょっとだけ心配。


それでも、今年の栽培数を上回る苗が確保できる予定である。
残りは、おすそ分けの予定です。

拍手[0回]

今週の天候は、ほとんどが晴れ。気温も20℃を超える日が多かった。
そんな中、ヒョウタン、オクラ、インゲンなど発芽してきた。
ヒョウタンも鉢に蒔いた種がほとんどが発芽したようだ。3つ以上発芽した鉢は、3つに間引きした。
おおきくなり、ナメクジやカタツムリの影響がないようになったら2本、2本から1本とする。


そんななか、グリーンカーテン用のネットを施設した。
毎年のことだが、1階の客間前と2階の寝室のバルコニー用に合計2つである。
この場所が夏場の太陽の影響をもろに受けるところである。


忘備録として、記録しておく。

部材を用意して、


結束バンドでくみ上げる。


1階の客間前に設置


2階のバルコニーに設置

拍手[0回]

安心できる鉢数が開花した。

大ヒョウタンは7鉢ほど、千成ヒョウタンも8鉢ほどが発芽した。
現在、いずれも双葉の状態である。


それでもまだ、ナメクジの被害が出るかもしれない。
油断大敵である。

拍手[0回]

なんていうことか。
芽が出ていた千成ヒョウタンが、ナメクジかカタツムリに食べられてしまった。


ショックとしか言いようがない。

それでも大ヒョウタンの芽がでてきたようだ。


しかし油断禁物。
ナメクジ対策をしないと千成ヒョウタンのようになってしまう。

拍手[0回]

ヒョウタンの種を蒔いて、だいぶ経つ。
気温が低いこともあるが、まだ芽が出てこない。
このまま発芽しないのではないかと思ってしまう。

大ヒョウタンは、まだ芽が出ない。



千成ヒョウタンは、室内で発芽させた種を入れた鉢だけが発芽した。


今週は、最高気温が1ケタ台の日が多かった。雨の日も多く太陽が出ていないので、土も暖まらない。
発芽が遅れいるだけなら良いが。
ちょっとと言うよりは、だいぶ心配。

春菊は、


先週よりも成長している。

拍手[0回]

気温は、20℃
昼間は薄着でも大丈夫である。
これからの季節は水撒きも毎日になる。
植物の季節本番である。

本日蒔いた種は、
千成ヒョウタン、大ヒョウタン、オクラ、春菊である。

向かって左側が千成ヒョウタン、右側が大ヒョウタンである。

今年初めて、自宅で採取した種をまくことになった。
芽が出るかが心配である。

平成26年11月に蒔いた糞菊は、こんなに大きくなった。
ばらばらのプランターにあったのを一つにまとめた。もうしばらくしたら、収穫である。




右側のプランターに春菊を蒔いた。
こちらは、間引きしたものはサラダで、成長したら、味噌汁や鍋に入れたいと思う。



この後4月に入ったら、インゲン、枝豆を蒔く予定である。






拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[04/25 Jasper]
[04/25 賢パパ@今年は行ってみようかしら]
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ