忍者ブログ

あうとどあ日記

アウトドアに関する活動全般の記録です。 ときどき関係ないことも記事になります。

アゲハチョウの卵のその後2010.08.20

 産み付けられたときは、クリーム色だった卵は、日が経つにつれて黒みがかり、キャビアみたいな色になっている。もうすぐ孵化するであろう。

困ったことは、サンショウの葉の枚数が少ないことだ。たぶん、すべての卵が孵化して、さなぎになるまでの食料分は無いはずである。
途中でハチのえさになったりして淘汰されるのであろうが、それでも葉の枚数が少なすぎる。
現在でも、1零幼虫が数匹いる。
絶対足りない。

隣の家には、同じミカン科の甘夏ミカンが植わっている。他の種類のアゲハチョウはその樹に卵を植え付ている。
様子を見て、幼虫を移してやることにしよう。

拍手[0回]

PR

コメント

コメントする