忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3  
蓮華寺池公園のソメイヨシノは、まだつぼみが固かった。
咲いている桜は別の品種のものだけである。
杉花粉は、ほとんどが飛散したようである。
最近はあまり目がかゆくない。
古墳広場に行って観察してみた。


古墳広場からの富士山は、霞んでいるがきれいであった。




寄ってみる。


拍手[0回]

PR
蓮華寺池公園の梅の花。
濃いの薄いのピンク色が綺麗である。








天気も良く、池は風も無く穏やかであった。

拍手[0回]

自分にとっては無謀な挑戦である。
花粉予報を見ても「多い」となっている。
そんな中、蓮華寺池公園に行くといった暴挙にでた。
マスク等の防御をしての話であるが。。。。






風は強いが良い天気。
富士山も雪をたっぷりとまとった姿を見せてくれた。







山頂付近は風が強そうである。
雪煙が舞っているように絶えず白い雲のような雪が舞いあがっている。

自宅に戻ってきたが、眼の痒さもくしゃみ鼻水もない。
今日のところは大丈夫のようだ。

拍手[0回]

今年はちょっと違う。まだ、花粉症の症状が出ない。
いつも年であれば、もう症状が出ている。

ということで今日も、蓮華寺池公園へ花粉の観察に。

だいぶ赤くなっている。
風が吹けば飛んできそうである。が、本日は風はない。





自宅に帰ってきても熱も出なければ、眼も痒くないし、くしゃみも出ない。
それでもそろそろなので、外出は気を付けたいと思う。


今日は空気が澄んでいるので、富士山も綺麗であった。


風も無いので、池の水面も穏やかである。


雲もないので、9時の公園の温度計で8℃であった。


拍手[0回]

今年は、まだ花粉症が出ていない。
例年だと2月の上旬から症状が出始める。
それが今年はまだ出ていない。
ということで、自分が蓮華寺池公園の標準木と定めた木を見に行ってきた。

木の下から見るとこんな感じの色。


ちょっとズームしてみるとまっ赤な状態である。






写真を見る限り、まだ花粉は落ち着いているようである。
それでも、飛散はもう時期なので注意が必要である。


古墳広場からの景色が綺麗であった。と言っても富士山は、雲に邪魔されて観ることができなかった。








太陽の下あたりは海である。肉眼ではきれいである。

拍手[0回]

風が吹いて寒い朝。
杉の木を観察しに行ってきた。
うっとうしい時期も、もうじきなので偵察である。




たぶん、杉に蓮華寺池公園に行くのは、3月の後半ぐらいになると思う。
自分の予測では2月の第一週が飛び始めとみた。そろそろ薬の服用開始である。

2月7日まで池の水を抜いているが、深いところは1.5m程度あるようである。

ゴミを拾っている管理の人と比べても深さがわかる。



ちなみに池のレンコンは、食用種でないため非常に細く、泥臭くて食べられて味ではないそうだ。
前回の水抜きした時に掘って食べた人が言っていた。

今日は、富士山も荒れているようだ。
雲がかかって、雪が巻き上がっているのがわかる。


拍手[0回]

年に何回も行く蓮華寺池公園。
2016年は今日は初日となった。

暖冬の影響だろうか、今日も暖かく風も無く、多くの人達が遊んでいた。
足こぎボートも順番を待つ家族れが多数いた。


餌を持ってくる人が多く、ウミネコみたいな鳥がたくさんいた。


いつもの古墳広場からは富士山。
曇っていて霞がかっているので、もやっとしている。


ズームしてみると雪がだいぶ少ない。
風で飛ばされてしまったのだろう。



さて、1月になって気になるのがこの木の情報。

大分赤くなっているように感じる。
暖冬なので、花粉が飛び始めるのは1月後半とみた。

暖冬といえば、
梅の花が咲いていた。


拡大すると


拍手[0回]

今日も良い天気。
いつもの蓮華寺池公園へ。


池を周りながら、古墳広場方面へ。
途中に鳥の写真を撮っている人たちに遭遇。珍しい野鳥がいるようだ。


途中の杉の状態を確認して、



ほどなくして古墳広場。
富士山も綺麗に観られた。




池のほとりでは、カワウが羽を広げて日向ぼっこ中


風も無く穏やかである。



拍手[0回]

良く行く蓮華寺池公園はやっと紅葉のシーズンを迎えた。



自分が決めた、カエデの標準木の紅葉はこんな感じでいい感じ。


既に落葉も進んでいたが、ちょうど良い感じの色づき具合であった。

山頂に行くと杉の木。

こちらも自分が定めた標準木。
雌花の状態は、黄色い状態であるが、ぎっしり詰まっているように見える。


自分にとっては。来月の後半からは、うっとうしい季節となる。


拍手[0回]

すごーい良い天気。

どこにも出かける用事はないので、いつもの散歩へ。

富士山も綺麗である。
ちょっともやっていますが、、、、
一度積もった雪も融けてしまったようである。
しっかり見えないので


しっかり見えないので10倍に寄って


20倍に寄って


30倍


40倍。やっぱり雪らしきものは見ることができない。


富士宮口の5合目までの道路も11月10日に閉鎖されるとのこと。
これからは雪をかぶった富士山の季節である。


自宅の青菜類は、秋の日差しの中で成長している。
青虫に食べられてしまっているが、農薬を使っていないのでしょうがない。
払って、洗って食べれば全く問題ない。




ケースをかぶせてあるプランターは収穫を終えたもので、また、青菜類の種を蒔く予定であるが鶏糞を入れてしばしお休みである。






拍手[0回]

11月に入った。
この地方のカエデの紅葉はまだまだである。12月に入ってからの場合も多い。
自分が定めた紅葉の標準木は、まだまだ先のように感じる。



今日の富士山は、うっすらとみることができた。雪をかぶった富士山を見る季節もすぐそこである。

拍手[0回]

今日も蓮華寺池公園

いつも紅葉の標準木としているカエデの木はまだこんなに青々としている。


しかし、芝生広場にある百日紅はこんなに紅葉


古墳広場に行く途中にある杉の木の記になるものはこんな状態である。
来年の飛散量は少ないと予想した。


今日は雲もなくいい天気。富士山も綺麗に観られた。山頂付近の雪は融けてしまったらいい。

拍手[0回]

暑くもなく、寒くもなく、風も無く、心地よい天気となった。
蓮華寺池公園には、多くの市民がウォーキングやジョギングを行っていた。


古墳広場からの富士山はもやで見えない。


高草山も霞がかったように見える



さて、クヌギのドングリがたくさん落ちていた。
沢山拾ってきた。
いくつかは、来春に芽が出るように種まきをしたいと思う。
昨年に種まきしたクヌギはだいぶ大きくなった。
下草狩りで刈り取られない大きさになったら植樹したいとおもう。


拍手[0回]

当初の予定では、北岳に登っているはずである。
が、今日は蓮華寺池公園の山となってしまった。

北岳も天気が悪そうなので、実際行ける身体状態であってもキャンセルになっただろう。
結果オーライとする。

どうでもいいことではあるが、、、
いつもの古墳広場で、自分のコンデジのズーム機能を試すことにした。

まずはズームなし

10倍


20倍


30倍


40倍


こんな感じである。
ほんとにどうでもいいことである。

拍手[0回]

天気は曇り。
作業を行うには、暑くもなく寒くもない良い天気であるが、乾燥作業には適さない天気である。

それでも、皮むき作業が完了しているので、作業を行うことにした。
数はこれだけ。
大ヒョウタンが1つに千成が20数個


もう一度、表皮部分を布で擦る。そのあとヒョウタンの中の水を出して乾燥へ。

傘の骨に刺さらないヒョウタンは、エアコンの室外機の上に並べて乾燥。


でも天気が、、、、
この天気では、3日程乾燥にかかるだろう。

拍手[0回]

3日連続で蓮華寺池公園へ。
良い天気で、暑いくらいであった。

クヌギの木のドングリも大きくなっていた。もうちょっとで落下すると思う。



天気は良いが、古墳広場からの富士山方面は、まったくダメ。
靄と雲で見ることができなかった。



話は、違うが、、、、
家の近くには、イチョウ並木がある。その中の何本かにはギンナンがなる。
その木の下を通ると、実が落ちていた。

今年初めての収穫であった。
ゴムの手袋をして、ギンナンの周りの実を取り去ってギンナンを取り出し天日で乾燥させた。


ゴムの手袋は必須アイテムである。
昔、素手で扱ったとき、手を洗ったにもかかわらず、手が触れた顔や下腹部などの皮膚の弱い部分が赤くかぶれ、非常に痒くなったことがあった。

はじめ理由がわからなかったが、しばらくして皮膚科に受診して、ギンナンの実の仕業ということがわかった。
先生「イチョウの木の下で遊んだことある?」
自分「木の下では遊びませんが、ギンナンの実を素手で触りました」
先生「それが原因です。塗り薬を出しますね」
自分「はい。よろしくお願いします」

というやり取りである。
それからは、自分の中ではギンナンの実は要注意となったのである。




拍手[0回]

公園内のドングリは、既に実となって地面に落ちていた。
小さな実、長細い実、丸みを帯びた実と種類もたくさんあった。

アベマキのドングリは、ほんのちょっとだけ木の下を確認しただけでこれだけ採れた。


一番大きな実のクヌギの木の下を通ったが、こちらはまだ落ちていなかった。


午前中は太陽も出て良い天気であったが、午後になって雲が多くなり霞がかかかってしまった。
それでもたくさんの家族連れが遊んでいた。

拍手[0回]

久しぶりに蓮華寺池公園に行ってきた。
デジカメの写真の日付で確認すると6月14日になっているので、2ヶ月半ぶりの蓮華寺池である。
こんなに間隔があいたことはあっただろうか。

もう、クヌギやアベマキのドングリが収穫間際となっていた。


たぶん今月末から10月の初旬からドングリ広いができるだろう。


そのアベマキのドングリが発芽した苗木は、頑張って大きくなっていた。


さて、本日の古墳広場からの景色であるが、午後から雨の予報のため、霞かかっている。
と言っている間に小雨が降り出してきた。


富士山もダメ。
これから秋が深まるについてれ、富士山も綺麗にみられるだろう。

拍手[0回]

ハスの花が咲く季節となったようだ。
蓮華寺池のハスは、まだ多くは蕾であるが咲いている花もある。



菖蒲も咲いているがもう終盤だと思う。



古墳広場からの景色は、曇り空のためまったくダメ。

高草山も霞のなかである。

拍手[0回]

蓮華寺池公園では、藤まつりが始まった。

駐車場には、警備員が配置され駐車場が有料になっていた。

藤の花は、まだ3分咲きと言ったところである。







これから4月の後半にかけて色も鮮やかになって行くだろう。

古墳広場からは、富士山は見ることができなかった。
これからの季節は、霞んだ富士山の季節である。
もやっとレースのカーテン越しに見るような富士山もまた素敵である。



拍手[0回]

今日も蓮華寺池公園へ。


まだソメイヨシノは2分咲きと言った感じ。
といっても条件のいいところは8分咲き。

古墳広場から。


春霞でうっすらと富士山。

この後天気は崩れる予報である。

拍手[0回]

蓮華寺池公園は、ソメイヨシノが綺麗であった。
と言ってもまだ咲き始めの樹も多かった。


杉の樹の標準木は、



もう花粉は大丈夫。


今日は霞んでいて富士山はうっすらとしか見えなかった。



池の中にはカルガモが



古墳広場付近には、花が咲きだした。





昨年に移植したアベマキは、芽が出てきている。
しかし、今年生き延びることができるだろうか。
下草刈りで一緒に刈り取られてしまうのが心配である。

残り3本は、狩り取られてしまった。



親のアベマキの樹も新芽が出ていた。



春本番である。

この後、自宅で種まきを行う予定である。

拍手[0回]

穏やかな曇り空のなか
久しぶりに蓮華寺池公園に行ってみた。
当然、完全武装で。

勝手に花粉の標準木としている木の様子を見てきた。

ちょっと緑が勝っているように思える。

ズームしてみると


もっとズームで


古墳広場から、同じ木を撮っても緑色の方が勝っている。


こんな感じで、まだ花粉は残っているものの、だいぶ赤みがとれていると感じた。
あと一週間ぐらいで、杉の花粉も終了か?
自宅に戻ってきても、鼻水、眼のかゆみは全くない。
杉の花粉は終盤とみた。


ちなみに2月11日の同じ木はこんな感じであった。




今日は、富士山はまったくダメであったが、梅の木が綺麗であった。


フジの樹はまだ、芽が固かった。

拍手[0回]

蓮華寺池には、たくさんの野鳥がいる。
本日確認した野鳥はコサギ。


田んぼとかに多くいる鳥である。蓮華寺池で見たことはあまりない。

今日はそのほかに、バン、カワウ、カモが羽を休めていた。


さて、眼が痒く、鼻水が出るようになってきた。
とうとう来てしまった。




飛び始めているようだ。
テレビの情報だと東海地方は昨年の3倍の飛散量だと。
写真を見るだけでくしゃみが出そうである。
くしゃみなら良いが、自分の花粉症の症状は、熱が出て関節が痛くなってくるからもうたまらない。
予防のための内服は10日前からしているし、本日からマスクも使用した。
防御態勢は整った。

うっとおしい時期に突入である。

拍手[0回]

今日は気温は低いものの風も無く、よく晴れ渡っている。
そんな中、またまた蓮華寺池公園へ。

蓮華寺池公園の池にはバンが集団で休んでいる。





これ以外にもたくさんいる。カモの類や鵜などもいる。







富士山も綺麗だった。


ちょっとアップ


最大のアップ


山頂付近は風が強そうだ。

され、2月に入ったので、こちらはもうすぐ飛散開始である。




しばらくは蓮華寺池もお休みである。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[10/11 Jasper]
[09/24 Jasper]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ