忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
4月22日から蓮華寺池公園で藤まつりが始まりました。


蓮華寺池の藤の花はきれいに咲いている株もあった。





久しぶりの古墳広場からの景色は、どんよりとした曇り空。


拍手[0回]

PR
2月にまいてあったコリアンダーを収穫した。2回目である。

引き抜かずに、育った葉をはさみで切り取って新たな葉が生えてくるようにする作戦である。
この方法は、ネットで案内されていた。


で、収穫したコリアンダーはトムヤンラーメンにのっけて食してみた。


癖になる味である。

拍手[0回]

インゲンは発芽するが、本葉が出ないものや、途中で成長しなくなってしまうものもある。

本当のまき方は、1か所に複数個の種をまいて、成長してきたら間引いて1本にするのがセオリーの様である。

自己流で種まきしたプランターはこんな感じの状態である。




本日、追加の種まきを実施した。
空いている場所には、種がまいてあるところだ。

来週あたり発芽してくるだろう。

拍手[0回]

フジが開花した。








寄って撮影するとこんな感じである。

拍手[0回]

クヌギの木を見に行ってきた。

枯れていないか心配していたが、3本のクヌギがしっかりと生きていることが確認できた。






他に植えたところは確認していないが、みんなが成長してくれることを期待したい。

拍手[0回]

ソメイヨシノがやっと満開である。





今日は気温が、上がった。
初夏のような陽気である。


この温度計はちょっと高めに表示されるが、それでも25度は超えている。

朝9時前なのにたくさんの市民が集っていた。
みんな桜の花を観に来た人たちである。

フジの花は、まだ咲いてはいない。
ゴールデンウイークのころに満開になればもっと人手が期待できる。

いちばん早く咲くと思われるフジはこんな感じである。


他のフジはまだ10日ぐらいしないと開花しないと思う。

拍手[0回]

1月に撒いたコリアンダー

やっと収穫した。
根から抜く方法ではなく、成長した葉を根元からはさみでカットする方法で行った。
そうすることにより、次から次得て新しい葉が成長して収穫が可能となる。

独特なにおいは好き嫌いがわかれるそうであるが、自分は食べることができる。
昔からあるドクダミに似た匂いであるが、特に気にならない。




ということで収穫したコリアンダーはトムヤンラーメンに入れて食してみた。
コリアンダーの味であった。
次は、フォーに入れて食してみる。

拍手[0回]

我が家には3鉢のフジの花がある。
そのうち2本は、2009年に蓮華寺池公園で拾ってきた種をまいて育てた実生のフジの花である。
残りの1鉢が、白い花のフジの花である。
こちらは、2011年ごろに種まきしたものである。

そのうちの1鉢が昨年、花が咲いた。
その鉢のフジが今年も花芽をつけた。




昨年は4月16日ごろには開花しているが、今年はソメイヨシノの桜の花も開花宣言はしているものの、まだ1分咲きといった感じで全体的に遅れいている。

ということはフジの花も遅くなるのかもしれない。
そうなると、「ふじまつり」の時期にフジの花が見られるかもしれない。
うれしい誤算である。



同じに種をまいたもう一つのフジの鉢は、花芽がついていない。
処分の対象かもしれない。

拍手[0回]

4月になった。朝から雨が降っているが、あまり寒くはない。
もう春である。

今年栽培するヒョウタンとインゲンの種まきを行った。

まずはインゲン。
インゲンはプランターで栽培。
今年は、プランターの全てにインゲンを栽培する。

昨年までと違うところは、栽培場所が西側の駐車場から南西側日当たりのよい敷地に変えたことである。

夏までに多くのインゲンを収穫したいと思う。

もう一つ栽培するのはヒョウタン。
今年も目的はグリーンカーテンである。
ヒョウタンは昨年同様に南西に位置する2階のバルコニーと、1階西側駐車場に面する面で栽培する予定。
今年の問題は、水撒き用のホースである。
家の東側以外の1階部分と2階にホースが必要であるが、1本は2階に配置すると、残り1本で1階のすべての水まきをしなければならない。

ヒョウタンの品種は、大ヒョウタンと千成ヒョウタン。錯塩までと一緒である。
大ヒョウタンを3本、千成を7本を栽培したいと思う。

種まきは千成12鉢、大ヒョウタンが7鉢をまいた。
それぞれ平成25年から28年まで栽培で収穫した種をそれぞれ1粒づつまいてみた。
目的は、どれかの年の種が発芽してくれることを期待してである。



西側には20号の鉢と野菜用のプランターを配置してある。

この鉢は車が車庫入れ時に暴走した時、クッションとなって家が破損しないようにする役割もある。

今から楽しみである。


拍手[0回]

平成29年度の始まりです。

子供の進学でしばらく家族がバラバラに生活していたが、やっと自宅に戻ってきた。
家の駐車場は、建築当時から4台の車が駐車できるように造ってあるが、その4台のスペースにそれぞれの車を駐車するときがきた。
下の子どもが就職したのを契機に一人1台体制である。


今までは、この場所にプランターを置いて植物を栽培していたが、ごらんのとおり、車で埋め尽くされてしまった。

しばらくは、この体制を維持していくことになる。
次にここに車がなくなるときは、所帯をもって出ていくときだろう。

拍手[0回]

高草山にキスミレを見に行った。
ついでに教えてもらったコシノコバイモも見てきた。

キスミレは、満開までには程遠い。


コシノコバイモは、2株みることができた。

拍手[0回]

高草山のは絶滅危惧種のキスミレの群生地がある。
群生地といっても地元の有志の皆様が、下草狩りとか、群生地に入らないように囲いをしてくれてたりして絶滅しないように保護しているから今でも観られる。

高草山研究会に皆さんの作業に随行させていただいた。



初めて見るキスミレは小さな花である。
指の大きさで大きさを判断してください。


まだ満開とはいかないが、確かに開花はしている。
毎年、満開の時期が早まっているそうである。
その昔は、3月下旬から4月の上旬にかけて満開になったようであるが、最近は3月中旬から3月下旬がピークの様である。


上から下をみると何も咲いていないように見える。
しかし、下から見上げると、ところどころに黄色いかわいらしいはなが咲いている。


活動の様子は、掲示物からうかがえる。


時間が許せば、4月上旬に様子を見に行きたいと思う。

拍手[0回]

今日は穏やかな天気となった。
風もなく気温もそこそこある。花粉の影響もあまりなく、池の周りを1周だけ回った。


ソメイヨシノのつぼみを観察すると、まだ堅いつぼみのままであった。
しかし、池の周りにはボンボリが飾ってあった。4月になると桜、後半には藤の花といい季節となる。

例年、フジの花の時期には、「藤まつり」が開催されるが、4月の中旬から咲き始めるため、藤まつりの5月の連休には時期的には終盤で花が落ちてしまったフジもあるのが最近の藤まつりである。

このところ鳥に目を向けていたが、ほとんどの鳥がいなくなっていた。
今日はオオバンがちょっとだけいただけであった。


池の中に目をやると鯉がたくさん。


帰路、クヌギを植林した場所の確認をした。
新芽は確実に大きくなっていた。








拍手[0回]

昨年の話である。
焼酎が切れたのでふるさと納税を行った。
今回は鹿児島市へ納税

送られてきた焼酎はこちら



いも焼酎であるが、匂いは控えめ。

何回かいも焼酎をもらったが、都城市の返礼品であった「黒霧島」あたりが一番匂いがあっていも焼酎らしい焼酎であった。

今年も何回かふるさと納税を利用してみたい。

拍手[0回]

今年の花粉はあまり飛んでいないのか。
花粉症の症状は例年に比べると軽い年となっている。

のこのこと蓮華寺池公園に行ってみた。マスク等の防備は必須である。

花粉症の悪の根源は、真っ赤。



寄って撮影すると

こんな感じで、飛散中といった感じである。

今日は、鳥にスポットを当ててみた。
見つけた鳥は5種類。



写真は無いが、そのほかにカラス、モズもいた。
姿は見られなかったが、ウグイスも幼稚な鳴き声を披露してくれていた。

もうすぐ春である。
楽しい季節となる。


拍手[0回]

穏やかな日になった。
蓮華寺池公園にはたくさんの市民が集っていた。


今日もたくさんの野鳥が羽を休めていた。
本日、注目する鳥はこの鳥。額のあたりからクチバシまでが白い鳥。


バンだと思うのだけど、ネットで検索するとどの写真もクチバシの付け根あたりから口先の途中ぐらいまで赤い色になっている。

蓮華寺池の鳥は鼻のあたりからは白い色である。
違う名前の鳥かもしれない。なので「額のあたりからクチバシまでが白い鳥」としておこう。

拍手[0回]

毎年恒例となった38会のサッカー。
藤枝中、西益津中、青島中の昭和38年生まれの年代の、サッカー部のOBが毎年親睦を兼ねて大会を開催している。
今年で14年目である。
いつもは藤枝市民グラウンドをメイン会場として行っているが、今年度は藤枝総合運動公園のメイン会場で開催した。


この会場は、明日は高校サッカーの新人戦決勝が実施される会場である。


年も53歳になって珍プレー続出であるが、いい汗をかくことができた。

我が藤中は、今年ユニフォームを新調した。


スポンサー名入りのユニフォームである。



西中


青中


藤中


我が藤枝中は、1分1敗であった。
勝敗はどうでもいい。
昔の仲間と元気な顔を見られるのがいい。






本番は、夜に開催される親睦会である。

拍手[0回]

花粉は飛散しているようであるが、まだ症状は出ていない。
と言っても薬は2月に入ってから飲み始めているので、それが効いているのかもしれない。

花粉をためて真っ赤である。


寄ってみると

たまたま風がなかったが、風が吹けば白い花粉が見えるぐらい飛散しそうである。

今日の富士山は風もなく、きれいに見れているが昨日はすごかった。風で雪が舞いあがっているのが藤枝からも確認できた。

今日(2/12)の富士山








昨日(2/11)の富士山


この時期は、乾燥しているため景色がきれいに観られる。
富士山もきれいである。場所に寄って位は南アルプスもきれいに観られる場所がある。

今日は名前がわからないこの鳥もいた。

模様がきれいだからこれがオスのはずである。
頭の後ろに伸びた白い飾り羽がオシャレである。



これはたぶんメスである。


このほかの鳥もたくさんいるが、最近はこの鳥の名前が一番気になっている。




拍手[0回]

1月21日に種をまいたパクチーが芽を出した。
種のパッケージには2週間ほどで発芽と記載があったので、ほぼ予定どおりの発芽である。

葉を触って手についた匂いを嗅いでみると、独特の匂いがする。


まだ小さな双葉の状態であるが、成長が楽しみです。

拍手[0回]

本格的な花粉シーズンに入る前に蓮華寺池。
工事中だった場所も仕上がっていた。
蓮華寺池公園にいるこの野鳥が気になって仕方がない。




なんていう名前の鳥だろう。カワセミなどに似ていると思うが。
頭の上のちょんまげのような白い飾り羽が後ろに出ているのがオシャレである。

拍手[0回]

コリアンダーの種まきを行った。
最近ではパクチーと言った方がわかるのかもしれない。

発芽温度は15℃以上とのこと。
室内の小さなプランターに種を蒔いた。
発芽まで10日程のようだ。
水遣りは忘れずに。

拍手[0回]

蓮華寺池公園に行ってきた。

野鳥がたくさんいる。
本日いた鳥は、








名前がわかるのは、カルガモ、ユリカモメ、コサギなどである。

今日の1枚目、2枚目も名前が分からない。


古墳広場からは富士山がうっすらと。



花粉はまだ大丈夫のようだ。
2月に入ってからは注意である。

拍手[0回]

マイナス3℃。
今朝の気温である。一番の寒さとなった。

朝早い時間から蓮華寺公園にはたくさんの市民が集っていた。
「あずまそ」の場所で月1回の朝のマーケットをやっていたため、その曲で駐車場は朝から満車状態であった。

いつもの古墳広場に行く途中の杉の木。




気になる花粉ままだのようだ。


富士山は雲の中


伊豆半島はきれいに観ることができた。


2月まで、寒い日が続く。
体調管理はしっかりしなければ。

拍手[0回]

自分の家の敷地の点検を行った。
たくさんあったのが、猫の糞(きたないのでフンと表記)。
今までは、家のプランターや、家の周りの土や砂利の部分にされることが多かったが、最近はコンクリートの上にもフンがされている。
最悪は、玄関ドアのすぐ前のタイルにされることもある。

当然、プランターには防衛のためにカバーをかけてある。
これらにはされない。


しかし、隙間があろうものなら、すぐにフンがされている。

ということで、敷地内を1周して集めた量がこのくらい。


ここ数日でされた新鮮なものを中心に集めた。
日が経って乾燥したものはあえて集めなかった。他の家も同じ量がされていると思われる。

本日の道路上にも集中的にフンがされている。
この場所は隣家の横の道路なるため、家の人は毎日処分をしてくれている。今日されたフンっである。


知らない人が通れば、犬のフンがされていると勘違いをされると思うが、この近所の人たちは常識のある人が多いため、飼い主が犬のフンを処分しないで残っていることはまずない。


また、来週に1周してみて量を報告します。



拍手[0回]

心地良い天気となった。
公園には多くの市民が散策していた。

野鳥は、カモ類以外にはユリカモメが多く飛来している。


古墳広場からは、富士山がきれいであった。




途中の杉の状況は、


飛散は、2月の上旬といったところか。

風の影響が少ない場所の梅の花は、すでに開花していた。


温度計も18度を指していた。
穏やかな新年である。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/25 Jasper]
[04/25 賢パパ@今年は行ってみようかしら]
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ