忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


自宅近くの青池ごしに撮影した初日の出
きれいでした。

拍手[0回]

PR
今年もあと一週間。
蓮華寺池公園は、市民でいっぱいであった。

自分が定めた紅葉の標準木は丸裸であった。


しかし、同じカエデでも公園無いの別の場所のカエデは、紅葉真っ盛りであった。



今朝の朝の気温は6℃。
公園の温度計は10℃を指していた。
池には野鳥


カワウが、羽を温めていた。



雲が多いため、富士山はほんのちょっとだけ。



たぶん今日が今年最後の蓮華寺池公園になると思う。


拍手[0回]

ピーちゃんを玄関に配置
以前にいただいたひょうたんグラスと申のドングリでつくった置物と一緒にパチリ



拍手[0回]

自分が定めたカエデの標準木の紅葉を確認しに行ってみた。


野鳥は羽を休めていた。
カワウ


ユリカモメ





古墳広場からの富士山は、ちょっと雲がかかっていた。宝永山あたりの雪は融けてしまったようだ。




もう一つ気になるのが、この木の花粉


だいぶ大きくなっている。昨年よりも飛散量は多い予想となっている。
飛散予定も2月の初旬であるらしい。

さて、本日の本題であるが、


きれいに紅葉していた。
今年はちょっと黄色が目立つ紅葉である。

1週間前あたりが、ピークであったと思われる。
地面には散った葉が散乱していた。


これからは、もっと寒くなる。
富士山がきれいな時期となる。

拍手[0回]

来年の干支は酉
ひとちがさんからピーちゃんをいただいた

届いた荷物は、しっかりと梱包してあった。






中には2種類のピーちゃん

まずはピーちゃんⅡのオカメインコ



次にピーちゃんⅢのペンギン


2つのピーちゃんは「ひとちがさん」のブログで紹介されている。

その画面と一緒にパチリ





いつもありがとうございます。


ちなみに昨年は、ドングリでつくった干支の申をいただきました。

拍手[0回]

職場の駐車場から、雪をまとった南アルプスが綺麗に観られた。


これから寒くなると、ますます綺麗になります。

拍手[0回]

蓮華寺池公園のハスの葉は、ほとんどが枯れてしまった。


先週はこんな感じであった。



周りの木々の葉も落葉して、もの悲しい季節となる。
そんな中、水面には、カモが集団で遊んでいた。


今日は、カワウなどの野鳥はあまりいなかったが、寒い時期にはたくさんの野鳥が飛来してくる。


公園のカエデの葉も、ところどころで紅葉してきれいである。


しかし、自分が決めた標準木のカエデの紅葉はこんな感じである。


やはり紅葉は12月中旬であろう。





拍手[0回]

紅葉の状況を調べに行った。

自分が標準僕と定めているカエデ。
一部黄色くなっているが、まだまだ緑が鮮やか。



遊歩道等には、桜の葉がきれいに紅葉して落葉している。


その他の遊歩道には、落葉した葉がいっぱいである。



富士山は、きれいに雪をかぶっている。

当倍率で撮影


10倍率で撮影


20倍率で撮影


40倍率で撮影


こんな具合である。

水面のハスの葉はだいぶ枯れてきた。


後10課で12月であるが、これまで寒い日はあまりない。


拍手[0回]

富士山が雪をかぶった。





蓮華寺池公園の古墳広場からの富士山である。

昨日の満観峰からの富士山はこんな感じであった。


これから寒くなるとますますきれいになっていく。

拍手[0回]

コサギが我が家の電線に止まった。

スズメ、モズやカラスなどは止まることはあったが、コサギは初めてである。



拍手[0回]

秋の穏やかな日に蓮華寺池公園

池のほとりにはカワウが休憩中


池の中のハスは、枯れてきている。
緑色から茶色に変色している。


山頂に向かう中腹には、カエデの木。
自分の中ではこの木が蓮華寺池公園の紅葉の標準木としている。
紅葉は12月に入ってからになる予定



寒い季節になるときに気になるのがこの木の花粉


近づいて撮影するとこんなに花芽が付いている。


古墳広場からの眺望はこんな感じである。


今日は富士山がきれいに観えている。


拍手[0回]

種を蒔いて育ててきたクヌギの苗を、植近くのドングリの木がたくさんある里山に移植した。

移植した数は7本。















どれだけの数が多くく育つかわからないが、観察をしていきたいと思う。

拍手[0回]

ネットの好日山荘のサイトからポチッとやってみた。
32,000円の定価のザックが13,000円程度で販売されていたからである。

梱包された箱はこんな感じできれいである。




中をあけて品物を取り出してみた。


青い色が原色に近い色で、目立っている。

街では恥ずかしいが、山では特に気にならないだろうと思う。

昨日デビューするはずであったが、痛恨の体調不良。

また今度になってしまった。

拍手[0回]

鉢で栽培しているブルーベリーの葉にクモが巣を張っている。
種類はジョロウグモ(女郎蜘蛛)である。

黄色の腹と赤い模様が綺麗である。
上からみると


お腹の方から見ると


家の周りには、大小さまざまなジョロウグモが巣を張っている。
そろそろ冬である。
どうやって年越しするのか不思議である。


拍手[0回]

朝晩は涼しくなったが、日中はまだ暑い。
しばらく行っていなかった蓮華寺池公園に行ってみた。

山頂に向かう道はキンモクセイの心地良い香りでいっぱいである。

古墳広場からは、富士山がうっすらとみることができた。


毎年、この時期クヌギの実を拾うポイントがあるが、今年は、実がなっていないようだ。
全く落ちていない。
木の上を見上げてみても、実は見当たらない。
アベマキの実も付いていなかったので、今年は裏年だと結論つけることにする。



この地域の紅葉菜まだだいぶ先である。
12月初旬から中旬である。

拍手[0回]

天気も良い日が続くようになった。
プランターの野菜は順調に大きく成長している。

シュンギクのプランター


ニンジンのプランター


ベビーリーフ、ニンジン、ハツカダイコンのプランター


ベビーリーフは、一度収穫して、サラダで食した。
基本、ニンジン、シュンギク、ハツカダイコンも葉を食するためにまいたものである。

時期が来たら収穫して食べることにします。

拍手[0回]

ミョウガ畑を見に行くとミョウガが数個成っていた。
花が咲いていたが。食べられる。



畑は、少し根を間引いて畑に隙間を作った。
今年の葉を乾燥を防ぐために畑に上に置いて今年の作業は終了とした。

拍手[0回]

ベビーリーフの初収穫


他のプランターも育っているが、一番成長が早いのがベビーリーフである。



たは、まだ双葉のものも多い。
一番日当たりのよい位置に配置のため成長も早い。

拍手[0回]

今年最後の乾燥作業を行った。


乾燥方法は、傘の骨を使用した方法である。
晴天時であれば、2時間程度で乾燥してしまう。


最近は、秋雨前縁の影響で毎日雨が降っている。
たぶん乾燥には2から3日はかかるだろう。

拍手[0回]

シュンギクも発芽した。


既に発芽しているベビーリーフは、多くが発芽している。



すっと雨が降っているため、ハツカダイコンとサニーレタスのプランターに雨水が溜まってしまっていた。

雨が止めば水が引くと思うが、ずっと降っているので水が引く気配がない。
せっかく発芽したのでダメにならないことを祈るばかりである。

拍手[0回]

秋雨前線の影響ですっきりしない天気が続いている。
今日も雨の予報。
予報では、12時以降に崩れるとなってた。

が、7時30分自宅を出発して高草山向かった。
南の方には雨雲があるが、山の付近には雨雲はなかった。

8時15分登山開始。
霧雨が降ってきたが、気にせず石脇ルートへ。

農道を15分ほどで登山口に到着


山頂まで50分の予定で登山開始
登っている途中から雨がだんだん強くなってきた。
が。まだ、本降りではない。

毎日が雨模様なので、登山道脇にはキノコがたくさん。



半分ぐらいの行程のところで、本降り状態に。
無理して山頂までとも考えたが、雨具を上だけ着て下山することにした。


下山は来た登山道をピストンで。
下山途中から雨も小雨となったが、無理してもしょうがないので下山して正解であった。

駐車場まで戻ってくると、またもや本降り状態。

スマホで雲の位置を確認すると広い範囲で雨雲の表示となっていた。

まあこんな日もある。

拍手[0回]

9月19日にプランターに種まきした種のうち、ハツカダイコン、ベビーリーフ、サニーレタスが発芽した。

種まき以降、台風が来たりして天候が悪く陽が出ることもなかったが、3日で発芽したことになる。

サニーレタスのプランター

土がほとんどで見にくいが、ところどころ緑色の双葉が見える。

ハツカダイコンのプランター

ハツカダイコンの方が、たくさんの芽が出ている。

秋雨前線の影響で太陽が出ることはあまりない。
そのかわり水撒きも必要ないのでどちらがいいかわからないが、植物にとっては太陽が出た方が良いに決まっている。



しばらくは、猫除け用のカバーをしての栽培が続く。

拍手[0回]

最近天気が悪いので、2日前に乾燥させたヒョウタンは、まだ乾燥しない。
今日も天気予報は、雨の確立が高いが今のところは天気が良い。

そのまま乾燥を続けるが傘を開いた状態で乾燥をさせることにした。





そうこうしているうちに曇ってきた。
北の方角の空を見ると黒い雲がわいている。

傘を閉じた状態に戻して乾燥に再度変更した。

拍手[0回]

ヒョウタンの収穫が終了したので、使用していたプランターに秋野菜の種まきを行った。
まずは肥料として鶏糞を施して、置く位置を確定させた。
栽培の目的は、間引いた葉をサラダとして食べるためである。

種類は、万能ネギ、3寸ニンジン、ハツカダイコン、シュンギク、リーフレタスとの8種類と多品種の菜っ葉を混在させたベビーリーフの種である。
ベビーリーフには、自分がわかる範囲でチンゲン菜、小松菜、レタスなどの種が入っているが、他は定かでない。


耕したプランターに種を蒔き


種まきが終わったら、猫除けのカバーを掛けて終了。


これからしばらくは水撒きと、毛虫のチェックが必要となる。




今回は使用しないが、ヒョウタンを栽培していた鉢は、軒下に配置してカバーをして来年まで休ませます。
11月頃には、ブルーベリーとフジの落葉した葉を入れて来年の準備をします。

右2つの鉢には、腐葉土を作るために剪定したフジの葉っぱを埋めておいた。





拍手[0回]

2回目の乾燥作業を行った。
ヒョウタンの中の水を出し、あたらにきれいな水を入れて、またそれを出して乾燥である。

先週きれいな水だったバケツの水は、1週間たって臭いにおいでいっぱいである。


その水を捨てて、ヒョウタンの中に入れた水藻捨て、新たな水を入れた。


先週初めて種だし作業を行ったヒョウタンは、表面の皮を婿ことができた。
こっちのも、水を出し、きれいな水を入れて、あと1週間ごに乾燥作業を行うようになる。


乾燥作業は、傘の骨をを利用して行う。


ちょっと上から撮影するとこんな感じ。


晴天の場合は1日にもあればかんそうするが、今日は曇っているので2~3日程かかってしまうと思う。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/25 Jasper]
[04/25 賢パパ@今年は行ってみようかしら]
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ