忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
朝は気温が低いが、日中は15℃を超えるようになってきた。
4月初旬に抜き菜として利用できるように菜っ葉類の種まきを行った。

菜っ葉と表現したのは、葉物野菜の8種類の種が混ざっているためである。
パッケージにはベビーリーフとなっている。



昨年の秋に購入し、その時に種まきを経験済みである。
その時には、水菜、レタス、チンゲン菜、小松菜などを収穫した。




これからの時期、イモムシなどの虫がつきやすい。
成長したら抜き菜としてサラダで食べたいと思う。

拍手[0回]

PR
この時期の花粉の話題と言えば、スギの花粉であるが、自分にとってはもう一つの花粉の問題がある。

いつもこの時期は杉の木が気になり、近寄ることはないのであるが、飛散量が少ないのか、あまり影響がない。と言っても予防はしているが。





さて本題であるが、

我が家のブルーベリーの花が3月の中旬から4月にかけて開花する。
今年は、まだ3月の上旬だというのに、暖かいせいかもう開花しそうである。


と考えながら、水撒きを兼ねて観察を行っていると、他の枝には開花している花があった。


我が家のブルーベリーは本日が開花日として宣言する。

ブルーベリーが実になるためには、受粉作業が必要である。
本当であればミツバチが活動する4月に入って開花することが望ましい。
ミツバチが受粉作業を行ってくれるからである。

この時期の開花は、ミツバチが活動していないので人間が行う必要がる。開花がだんだん早まっているように思う。昨年も受粉作業を人間の手で行った。

自分の場合、花を触って手に花粉をつけて、別の品種のブルーベリーの雌しべに擦りつける方法で受粉作業を行っている。
雨の日以外、毎朝行っている。
これからの時期はこの作業が日課となる。
さぼることなく行ったので、昨年は多くの実を収穫することができた。

今年も多くの実が採れるように受粉作業を行っていきたい。

拍手[0回]

我が家の紅葉、黄葉する植物は、フジ、ブルーベリー、サンショウがある。

そのうちフジは、黄葉の後すべて落葉してしまった。
ブルーベリーは品種によって紅葉真っ盛りの品種もある。落葉してしまった品種もある。


ブルーベリー全体では、こんな感じである。





フジ、サンショウはこんな感じ。
中央の葉が残っているのが、サンショウである。例年、アゲハの幼虫の餌になってしまうので、これだけ葉が残っている年は今までなかった。


葉に触ると、パラパラと落ちてしまう。
落葉するのも時間の問題である。

拍手[0回]

我が家には、紅葉して落葉する植物が3種類ほどある。

紅葉というよりは、黄葉する植物として、フジとサンショウ。


写真の黄色は、フジがほとんどである。一番右にはサンショウがあるが、ちょっと分かりづらい。


もう一つが、ブルーベリー。
こちらは紅葉である。
赤と言っても、ブルーベリーの品種ごとに赤色に違いがある。
絵の具のような赤から茶色の赤まで。11月も下旬になると大部分が紅葉して落葉する。


我が家では。落葉した葉は腐葉土になり来年の植物の肥料となる。

拍手[0回]

サラダにして食べる予定のシュンギクが、何らかの幼虫に食べられてしまった。
丸坊主である。

とりあえず見つけた幼虫はすべて捕殺した。
新たな葉が生えてきたら食べたいと思います。

ハツカダイコンの葉も食べられてしまった。
下の写真の右上のプランターがハツカダイコンである。
ハツカダイコンは、根の部分が大きくなるまで待つことにします。




ニンジン、万能ネギ、サラダ菜などは確実に成長している。
害虫対策をしたいところだが、生で口に入れる食べ物であるため、農薬は使いたくない。
捕殺すつ方法で乗り切りたい。



9月で収穫を終了したオクラは、種取用の実だけを残してある状態である。
来年用の種である。
オクラは、このようにして毎年栽培を続けている。
今後も同じようにして栽培予定である。

拍手[0回]

シュンギク、ハツカダイコンの間引き菜の収穫をしている。
みるくておいしい。


左側のプランターがシュンギクです。
既に相当数を収穫して食べた。


右の下2つがハツカダイコンである。
こちらも抜き菜をサラダにした。ピリッとしておいしい。


ネギはまだ収穫まで時間がかかる。
サラダ菜類は、葉が込み合ってきたら収穫である。

拍手[0回]

日曜日に種まきしたニンジン、ルッコラ、ハツカダイコンが発芽した。

ハツカダイコンは、間引きながら間引き菜をサラダにしている。


プランターの順番に
左上:ニンジン
左中:ニンジン
左下:ルッコラ

右上:万能ネギ
右中:ハツカダイコン
右下:ハツカダイコン
が栽培されている。


シュンギクは、2回ほど間引いて、サラダにして食べた。
苦みが美味しい。


拍手[0回]

購入し忘れていたニンジンの種を購入した。
極早生種の3寸ニンジンである。

ニンジンの根の部分を食べる目的ではなく、葉をお浸しにして食べるためである。


ヒョウタン栽培が終了したプランターが4つほどあるので、その中の3つにニンジン、ハツカダイコン、ルッコラの種をまいた。
ニンジンは、縦長のプランターにも蒔いた。


画像の左上から下にニンジン、ニンジン、ルッコラ
右上から下に万能ネギ、ハツカダイコン、ハツカダイコンの順番である。


駐車場の反対側にもプランターを置いてある。
左上:シュンギク、右上:万能ネギ、左下:シュンギク、右下:ハツカダイコンの順番である。
いずれも間引いたものをサラダにして食べる予定だ。



拍手[0回]

9月21日にハツカダイコンと万能ネギの種を蒔いたが、ハツカダイコンの種が発芽し双葉が出てきた。
下のプランターがハツカダイコンである


上のプランターは万能ネギである。
ダイコンがしっかりと双葉が出ているので、目立たないが、ネギもところどころ細い芽が出てきている。
近づいてみないとわからない程度であるが。

ダイコンは、適度に間引きながら、抜き菜はサラダに入れて食することは言うまでもない。

拍手[0回]

本日はいろいろな作業を行った。

・ブルーベリーの鉢にオルトランを散布
・家の周りにラウンドアップを散布
・ブルーベリーの剪定枝を処分
・二十日大根と万能ねぎ種購入と種まき
・ブルーベリーの処分した鉢を整理
・乾燥が完了したヒョウタンの蔓を処分のために袋詰め

こんな具合である。気温も低く太陽も出ていないので、作業が気持ちいい。

二十日大根の種を購入したが、2カ所のホームセンターに行ったのでそれぞれの場所で購入してしまった。
本当は、二十日大根とニンジンの種を予定していたが、一カ所目で三寸ニンジンの種が高かったので、2カ所目に行ったのだが、なぜか万能ねぎの種と二十日大根を購入してしまった。
困ったものだ。それでも大根の種は、年を越しても発芽するので良しとしよう。




さて、プランターには、万能ねぎを2プランター、二十日大根を2つのプランターに蒔いた。
1週間程度で発芽するだろう。

左の2つは、以前に蒔いた春菊のプランターである。あと10日程度で間引いた春菊を取ることができる。
サラダで食べる音は言うまでもない。

拍手[0回]

裏庭にはミョウガ畑がある。
ミョウガの葉が茂っていて、地面は見れないがかき分けて覗いてみるとミョウガがいっぱい。


ボールいっぱいの収穫であった。




さて、これをどうしよう。
自分の中の定番は、味噌汁に入れることぐらい。

ネットでレシピを確認して作ってみることにする。

まだ小さいのがたくさんある。
ちょっと日をあけてから2回目の収穫をする。

拍手[0回]

裏庭のミョウガも大きく育っている。


まだミョウガの花蕾が出てきているわけではないが、こまめに観察していないとすぐに花が咲いて食べられなくなってしまう。
6月の後半から7月に掛けてが払いが出る確率が高いので要注意である。

拍手[0回]

我が家には、ブルーベリーの鉢が20鉢ぐらいある。
今の時期、収穫の真っ最中と言ったところである。
ブルーベリーには、ハイブッシュ系とラビットアイ系の品種があり、ハイブッシュ系の収穫が真っ盛りである。
ラビットアイ系は7月に入ってからになる。
我が家のこの時期の果物といったらブルーベリーである。


こっちにブルーベリーに特化したブログがあります。

拍手[0回]

裏に植えてあるミョウガが大きくなった。
夏頃には収穫が可能となる。それまで待ち遠しい。



インゲンも大きくなった。
花が咲いた。
ということは6月の初旬ぐらいから収穫ができる予定である。





拍手[0回]

オクラも定植した。


定植はしたが、2本ないしは3本のまま定植した。
もう少し大きくなったら1本に間引くことにする。

拍手[0回]

ヒョウタン以外の夏野菜も成長している。
夏野菜と言っても、ナスやトマトではなく、
インゲン、ニンジン、エダマメ、シュンギク、オクラである。


インゲンは、茹でた後に塩コショウであえて食べるのが好きである。
シュンギクは、早撮りしてサラダで。
ニンジンも葉を湯がいてサラダで。
オクラは、納豆にあえて食べる。
エダマメは、茹でてエダマメの状態で食べるためである。

拍手[0回]

ミョウガもだいぶ大きくなった。
4月29日のミョウガである。



こっちは4月12日のミョウガである。


比較すると成長がわかる。
夏ごろには収穫ができるだろうか。
スーパーでは、大きめのが3つで100円ほどであった。
もうしばらく我慢である。

午前中に、蓮華寺池公園に行ってきた。
藤まつりの真っ最中で、曇り空とはいえ、多くの客でにぎわっていた。
フジの花はきれいであった。


拍手[0回]

クヌギが発芽した。
昨年のうちに種を蒔いてあった分である。



このクヌギは、2年から3年を我が家で栽培し、そこそこの大きさになったら里山に定植することにしたい。

今年になって蒔いた種はまだ出てきていない。
もう時期だろう。

家の東側にあるブロックで囲った場所にはミョウガの芽が出てきた。


今年はたくさん収穫できることを期待したい。


サンショウは、花が咲いている
黄色い花である。

かわいらしい花である。

拍手[0回]

種まきを行った。
蒔いた種は、インゲンとヒョウタン。

写真は千成ヒョウタン。


二年間の栽培で、種取した種を蒔いてあるが、発芽するか心配になってきた。
そのため、ホームセンターで種を購入し、鉢を増やしたのであった。

インゲンは、プランター4つに種まき。

当然、猫除けのためにカバーをして発芽を待つことにする。


発芽と言えば、、、
春菊の芽が発芽した。


間引きしながら、サラダとして食べる予定である。




拍手[0回]

ここの所の暖かさで、昨年に植えた春菊が成長してきた。
本当は2月に、インゲンの種を蒔く準備として土を混ぜ合わせたが、残っていた春菊がたくましく育っていたいのである。
そのためにまばらになっている。
栽培をやめたのが成長してきたのでありがたい限りである。

花が咲く前に収穫して、鍋の具にする予定である。

拍手[0回]

朝はまだまだ気温は低いが、日中は15℃程度まで上昇する日が多くなった。

ブルーベリーは花芽が伸長している。



サンショウも若葉が出てきた。
ちょっと取って食べてみたが、ピリッとした舌がひりひりする独特の味であった。
春であると感じた瞬間である。



拍手[0回]

蓮華寺池公園に行ったら梅が咲いていた。


よってみると

綺麗なピンク色である。
現在は、暖かな風の影響を受けない木の数本が咲いているだけである。
満開は、もうちょっと先になると思う。


この時期の蓮華寺池といえば、この木の花粉。
自分が定めた標準木。
今日はこんな感じ。




まっ赤である。


そろそろ飛散か。
予測では2月の中旬と言っているが、この地域の木は2月に入ってすぐとみた。

拍手[0回]

春に種を蒔くために、プランターと鉢の土づくりを行った。
土づくりと言っても自分の配合で、腐葉土、鶏糞、牛糞、苦土石灰をブレンドすることである。





これを混ぜて、終了である。
あとは、春まで寝かすだけである。


我が家の場合は、このような状態で寝かさなければならない。



理由は、近所のお宅の猫やら野良猫やらが、糞をしてひっかきまわしてしまうからである。
意外とこの作戦は良い。
このようにしてからは被害はない。

拍手[0回]

今朝は気温も低め。
風も強い。
そんななか、春菊の3度目の間引きを行った。

間引き前のプランターは、こんなに込み合っている。


間引き後は、こんな感じ。


間引いた量は、このくらい。


今日もおいしくサラダでいただくとしよう。

拍手[0回]

春菊の苗の間引きを行った。
先週に引き続き2回目である。

1週間たって、間引き前のプランターである。



先週同様に、ボールいっぱいの間引きを行った後のプランターである。


間引きした春菊は、サラダで食べたことは、言うまでもない。


拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[10/11 Jasper]
[09/24 Jasper]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ