忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
■■■
ブルーベリーのハーバードの葉の色が変色してきた。
これは大変である。

原因が何か突き止めなくては。
葉が変色したブルーベリー

拍手[0回]

PR
5月に設置した、ブルーベリー用の鳥避けネットの片付けを行った。
今シーズンのブルーベリーの収穫は終了した。
まだほんのちょっとだけ実は付いているが、もう十分味を楽しめたので、撤去することにした。

この後の管理は、ひたすら水撒きとなる。
追肥もやる必要があるが、月に1回程度で十分である。

後は挿し木した2世たちの管理である。
何せ置く場所がないので、本当に日陰である。
木漏れ日が漏れる日陰が良いのであろうが、そのような場所は無い。
仕方ないので家の北東側の庇の下に置いてある。

9月を目処に、陽に当てて行きたいと思う。


拍手[0回]

今年2回目のインゲンの種蒔きを行った。
いつもインゲンは、茹でてマヨネーズであえたり、塩こしょうで食べたりしている。

好きな野菜である。
1回目のインゲンは1ヶ月間は収穫が続き、3日に一度のペースで酒の肴として食したのであった。


日曜日にまいたインゲンが発芽した。
真夏の太陽に葉が焼けてしまう可能性があるが、40日後の収穫を期待して、世話をしていきたいと思う。
インゲンの発芽

オクラの収穫も順調で、本日も4本の収穫。
帰宅後に軽く湯通しして「もずく」と一緒に食べたいと思う。
当然お酒と一緒に。

拍手[0回]

我家ではプランターで夏野菜を栽培している。
今は、インゲン、枝豆(大豆)、オクラの3種類である。
中でもオクラは7月の初旬から毎日1つないしは2つを収穫できている。

それを味噌汁に入れたり、納豆に混ぜたりして食している。
夏はネバネバ系が良いと言われているが、自分は毎日欠かさず食している。

今朝は、お蔵の花が4つ咲いていた。そのうちの一つがこんな感じである。
オクラの花

前にも書いたが、オクラは毎年の収穫の最後に種取をして、翌年に種まきして代を繫いでいる。
今年は、採取した種をカビさしてしまうアクシデントがあったが、一昨年に採取した種があったので事なきを得た。

今年も9月の終わりに次年度用の種を採取する予定だ。

それまでは、オクラを食べて暑い夏を乗りこえよう!!

拍手[0回]

ブルーベリーの木の中で、甲虫の幼虫にヒゲ根を食べられてしまって瀕死の重傷だったコビルとコリンズの2つの親木を処分した。

これ以上育てていても来年の収穫は見込めないし、2世が育ったため今回の処分となった。
引き抜いてみるとこのような状態。時間の問題であった。
コガネムシの被害にあったブルーベリーの根

ブルーベリーみたいなヒゲ根の植物はコガネムシ等の幼虫は天敵である。
鉢にはコガネムシが入らないようにマルチ材で保護しているのであるが、それでも被害は毎年ある。

今までは、大きな鉢に植え替えるときに被害の確認をしていたのであるが、大きな鉢のものは植え替えを行なっていないので、マルチ材を補充するタイミングで確認をしていた。

コリンズは、2世の成長が著しく、たぶん2世による収穫も見込める。
ちょっと心配はコビル。
こっちは、2世の勢いも良くないが、これが限界として処分した。
もしかしたら2世もダメになってしまう確率は非常に高い。
もしそうなってしまっても仕方がないとするしかない。


今収穫は、ラビットアイ系の全盛期である。
大きな実が採れ非常に満足である。もうしばらく甘酸っぱい実が楽しめそうである。

拍手[0回]

この時期になってオクラが毎日1本から2本の収穫ができるようになった。
毎日それを、味噌汁に入れたり納豆に混ぜたりとして食している。
あのねばねばが体に良いように感じる。

順調にいけば9月の終わりまで収穫がつづく。
そのあとは、来年の種取である。
オクラ

拍手[0回]

ブルーベリーの収穫はハイブッシュ系からラビットアイ系にうつってきた。
ラビットアイ系は、本格的に収穫したことは無いが、今年はそれができそうである。

ティフブルーは、大粒の実である。
食べると、ラビットアイ系の特徴である種が気になるが、酸味もなく薄味であった。

ラビットアイ系は鳥避けネット内で管理していないので、鳥が飛来したら食べられてしまう。
早急にネット内に移したいと思う。

拍手[0回]

ラビットアイ系のティフブルーの収穫が始まった。
今朝確認すると、色自他身が多数あったため、収穫を行なった。

ティフブルーもブルーシャワーとう同様に、種が多く水っぽく感じた。

種が多いのはラビットアイ系の特徴であろうか。しばらく観察を続けたいと思う

拍手[0回]

ブルーベリーの木に幼虫がいた。
一見すると枝と見違える模様をした幼虫である。
動いていたが、枝を触るとピタっと動かない。枝になりきっているようだ。
擬態した幼虫

サンショウの木には、アゲハの幼虫。
こちらも茶色の色をしているときは、枝の茶色い部分に、脱皮して緑の色になると葉の緑の部分で過ごしている。これも擬態である。
クモとかアシナガバチがきて食べられないようにする知恵である。

梅雨も明けて暑い日が続く。昨日、一昨日の土日も33℃は超えていた。
朝晩の水撒きは欠かせない。




拍手[0回]

6月22日に紹介したサンショウの木を移植した。
http://htjasper.blog.shinobi.jp/Entry/293/

大きめな砂利のことろに生えていたので、丁寧に扱ったつもりでも根には一切の土は付いていない。
移植してもすぐに陽に当てると枯れてしまうだろう。

水分を多く吸収したピーとモスと鹿沼土の土に移植し、家の影に保管することにした。
大きくなれば、葉を薬味として使用したいと思う。
移植したサンショウ



拍手[0回]

 家の周りの雑草を取っていると、そこに5cmほどに成長したサンショウがあるではないか。
自分が種をまいたわけではないので野鳥の糞の中に種があり、それが発芽したのではないかと思う。
 雑草に混ざって発芽したサンショウ
 以前、同じような理由で生えていたサンショウを、根の周りの土とともに鉢に移植したことがあるが、すべてが枯れてしまった経験がある。
今回も鉢に移植したいと考えているが、枯れないようにする方法を見つけてからにしたいと思う。

 我が家にあるサンショウの木には、ナミアゲハの幼虫がたくさんいたはずであるが、昨日確認するとほとんどがいなくなっていた。たぶん近くに巣を作っている小さなクモが食べてしまったと思う。

ナミアゲハの卵

クモたちを別の場所に移して様子をみることにしたい。

拍手[0回]

オクラは先週移植をした。一週間経ってこんな具合である。収穫は7月の下旬ぐらいからになるだろう。
オクラオクラ

インゲンは、実の部分が大きく育っている。こっちはあと3日で収穫できるだろう。早や採りしないように気をつけたい。
インゲンインゲン

サンショウの葉には今年もアゲハチョウの卵が生み付けられた。
既に孵化し1mm程度の1零幼虫が、餌に困らない程度に分散して葉の上で成長している。
その数100匹程度。
その中の9割は他の昆虫や鳥の餌になってしまうだろう。
アゲハの幼虫アゲハチョウの幼虫

拍手[0回]

ブルーベリーの収穫が本格的にはじまった。
2日に一度ずつ、小さめなボールに半分ぐらい収穫できるようになった。
今年は、大きな実がたくさん採れている。味も格別である。

心配していた小鳥の被害も今のところは無く順調といったところである。
梅雨で雨が多いため、散水の手間がかからない分、管理もおろそかになってしまっている。
積極的に世話をしていかなければならない。

もうしばらくは収穫を楽しみたいと思う。

拍手[0回]

午前中の雨が降る確率50%。
午後からは30%。
雨は降っているのだが、霧雨で葉っぱに雨があたるのであるが、土壌までには届かない。
と言うことは散水が必要である。

朝から雨の中散水をした。
もしかしたら大量に降る可能性もあるので、ほんのちょっとだけにした。

ブルーベリーの実は、確実に色づいているのであるが、太陽があまり当たらないので、スピードが遅い。
稔一が少ない分、大きな実がたくさん付いている。
収穫にピークは20日ごろであろう。

拍手[0回]

春に植えた野菜類の収穫が始まった。
まずは青ネギ。
まだ細いがそれでも薬味には十分使える。
ネギも買えば一束100円ぐらいはする。これからしばらくの間は自宅のを食べることになるので、500円分にはなるだろう。種が200円ぐらいで購入したので十分、元を取る計算になる。
青ネギ青ネギ
次はインゲン。インゲンも2日に一度収穫できるぐらいに成長が早い。
一回の収穫で、ちょっとしたおかずになるくらいの量になる。
こちらも種が200円ぐらいだった。スーパーの漁で換算すると一回の収穫で120円ぐらいの価格になるので、たぶん1000円以上の収穫が見込めるだろうと思う。インゲンも十分に元を取れることになる。

後は、エダマメ(大豆)であるが、大豆はもう少し時間がかかりそうである。たぶん7月に入ってからの収穫になる。
インゲンとエダマメインゲンとエダマメ

拍手[0回]

梅雨の土曜日であるが、晴天である。
しかし今日は、食器洗い乾燥機の修理のため業者が来るので登山が出来ない。

すごいストレスである。
不謹慎であるが、雨が降って欲しかった。
そうすれば諦めが付いたと思う。
その代わり、ガーデニングに精を出した。

挿し木したブルーベリーを鉢に移植し、コガネムシ避けの松葉でマルチングして作業を終了した。

インゲンは収穫の時期を迎えている。後2~3日で収穫できる。しばらくはマヨネーズ和えで食べることになる。楽しみが一つ増えた。

明日は、延期となっていた地域の清掃作業である。
こちらは無事終了させたい。

拍手[0回]

昨日の天気は予想通りに午前中にはあがったが、午後は雲が多く、時々雨がぱらつく天気であった。それでも夕方にはきれいな夕日を見ることができた。
元気がなかったブルーベリーのスパータンのシュートは、幾分元気を取り戻していた。
今日は晴れの予報。今日一日でどれくらい元気を取り戻すだろうか。
明るい間に帰宅できないので、明日の朝確認しようと思う。

オクラの種は、順調に発芽するのであるが、ちょっと大きくなると、葉を何らかの虫に食べられてしまうため、茎だけの状態になってしまう。
それでも成長した苗もあるため、もうしばらくしたら移植を行いたい。

裏庭で収穫することになったブルーベリーは、オニール以外にはまだ色づかない。やはり6月に入っての収穫になるだろう。

拍手[0回]

5月28日、29日の土日は、梅雨と台風から転じた温帯低気圧の影響で、ほぼ2日間雨が降りっぱなしであった。

植物たちに水をやる必要はないが、根腐れしないか心配になってくる。
それでも雨は午前中いっぱいで、午後には上がるようである。

ブルーベリーの2世たちの中で、スパータンのシュートやサッカーの伸長がすごいが、この雨でちょっと元気がなくなっている。
まっすぐに伸びて欲しいが、芽の先の部分が、水が切れているときに見られるように頭が、稲の稲穂のように曲がってしまっている。

午後雨が止んだあとで、どうなるか確認をしたいと思う。
いつもならまだ、梅雨入り前で、太陽がまぶしい日が続いているはずであったが、5月から梅雨入りとは。

はやく梅雨入りした分、早く梅雨明けして欲しいものである。

拍手[0回]

ブルーベリーは、本年度の初収穫を行った。
収穫数は3粒。
収穫した品種はハイブッシュ系のオニール。
一番早く開花した品種である。
一昨日確認したときは、色づいている様子は無かったが、朝水やり時にはしっかりと色づいていた。

まだ鳥避けネットの中に入れてないので、鳥に食べられてしまうことが考えられたので、デジカメで撮影後味を堪能したのであった。

早く取ったせいもあるが、酸味が少しあった。でも食べられないほどではなく、おいしくいただけた。

これから約2ヶ月は、収穫のシーズンとなる。うれしい限りである。
初収穫のブルーベリーオニールの収穫

拍手[0回]

白フジの種が発芽した。
2つ種をまいたが、そのうちの1つが発芽した。
もう一つは、何かの虫に食べられてしまい、腐ってしまったようだ。

フジの栽培本をみると実生は、花が咲くまで10年程度かかるようである
。この白フジが無事成長して花が咲くのは平成33年頃になってしまう。

このほかに同じく実生のフジの木が5本ある。
これも3年前に種をまいたものなので、平成30年頃に花が咲くと思われる。そちらの木は、鉢が小さくなってしまっている。
この時期は、つるがどんどん伸び葉もたくさん茂っているため、ちょっとの風ですぐに倒れてしまう。
原因は鉢が小さく安定していないためである。

植え替えをしなければいけないが、鉢を大きくするとスペースを多く確保しなければならず、またその分重くなるので、場所の移動が大変になる。そのためむやみに大きくするわけにはいかない。
悩むところである。

花が咲くようになれば、お嫁入りもできるのであろうが、まだ咲かない状態であるので自宅で育てるしかない。

気長に育てるしかないか。

拍手[0回]

枠に張った鳥避けネット鳥避けネット

やっとブルーベリーの鳥避けネットを張った。所々の出っ張りにネットがひっかかってしまい、思いどおりに張れず、時間がかかってしまった。

木をネットの中に入れて管理したいが猫が、ネットを破ってしまう可能性が大のため、また色づいている実もないため、もうしばらくネット外で管理し、色づき始めたらネット内に移したいと思う。

挿し木したブルーベリー挿し木したブルーベリー

挿し木したプル、ヌイという品種は全てがだめになってしまった。
ラビットアイ系のティフブルーはその歩tんどが残っている。ティフブルーは、ハイブッシュ系の台木に使用したいと考えている。出来る限り多くが生き残ればありがたい限りである。

成長したインゲンインゲンのプランター

インゲンは猫の被害も無く、すくすくと育っている。
ただ心配なのは、なんでもない葉が枯れかかっていることである。
猫の糞の被害は無かったが、猫の尿のために枯れかかっているのかもしれない。
もしそうであれば、被害があったことになる。
もうしばらく様子を見てみたい。

拍手[0回]

予定どおり、エダマメの移植を実施した。
移植先の土は、だいぶしまっていて移植ごてで耕して移植を行った。

今朝見る限り特に変わった様子もない。しかし、数日間は日差しが優しいところで、管理しなければならないことをすっかり忘れて、そのままの場所に置いてきてしまった。

帰宅後、どうなっているかが心配である。

インゲンの葉は、だいぶ大きくなったが、まだ幹がひょろひょろである。
もうちょっと太くなってもらいたい。

ブルーベリーの実はだいぶ大きくなってきたが、まだ熟した実は見あたらない。今週末には裏庭の鳥避け枠のところで管理を開始したいと思う。

拍手[0回]

エダマメがだいぶ大きくなった。移植する時期である。

はじめにプランターにまいた種は結局芽が出てこなかった。生ゴミ処理機の内容物(肥料)を多く入れてあるため、それが原因で芽が出てこないのかもしれない。

移植は、そのプランターにする予定である。芽が出てこない原因がなに課確認してからでないとちょっと危険である。
移植してすぐに枯れてしまうと言うことも考えられる。

だいぶ日が長くなり、自宅に帰った後でも明るい。今日あたり移植をしたいと思う。

拍手[0回]

インゲンの芽がだいぶ伸びてきた。昨日からネコ避けのためにセットしてあった枠を撤去した。

今朝確認する限りネコの被害にはあっていない。このままインゲンが成長してくれればネコによるインゲンの被害は無いだろう。

心配なのが、裏庭にセットした鳥避けの方である。今朝生ゴミ処理機に生ゴミを入れようと戸を開けたところネコが糞をしたところで、鳥避け枠の方へ逃げていった。
まだネットをセットしていなかったので、ネットに穴を開けられることはなかったが、ネットをセットしてあったら当然穴が開いていただろう。

心配がつきないが、今度の土日に網をセットしたいと思う。

拍手[0回]

昨日までの雨空から一転、本日は晴天である。
気温も予想では30度を超すとか。
この暖かさで植物の芽も大きく伸びるだろう。
ブルーベリーの花は、昨日までの雨ですべて散ってしまった。
あとは、実として成長するのみである。

今週末は、鳥避けの枠にネットを設置する予定である。
色づくまではもうしばらくかかりそうである。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/25 Jasper]
[04/25 賢パパ@今年は行ってみようかしら]
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ