忍者ブログ
アウトドアに関する活動の記録です。
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 67
9101112 131415
171819 2021
242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
今週の土曜日には、バーベキューなどをやる予定が入っている。
子どもが小さいときにはよくキャンプに行っていた。
その時使っていた道具を点検した。
点検は、2年前にも行っているがそれかR一度も使用していない。

いずれもホワイトガソリン用のランタンとストーブである。

まずはこれ。ポンピングは問題ない。
点火すると火がともった。写真ではオレンジ色の火であるが、使い始めはみんなこんなもんである。
時間が経てば、青い火に変わる。


ランタンは2種類。
こちらもポンピングも問題ない。マントルも昔のままで、点火すると赤々と火がともった。





問題はツーバナーのストーブ。
ポンピングがダメである。スカスカしてしまう。
問題は、カップが劣化して硬化しているためである。


以前購入してあった、交換部品を使用して修理したのであった。


修理後、ポンピングを実施し、火をつけるとオレンジの火である。


ポンピングを実施して、圧を高め火でガソリンの通り道が温められて気化が進むと青い火に変わるのであった。



使うかわからないが、防災用として使える状態にしておくことは重要である。
良い機会となった。

ホワイトガソリンを購入しなければいけない。
以前は2000円程度で4L缶が買えたが今はいくらぐらいになっているのだろう。
気になるところである。

拍手[0回]

PR
久しぶりに登山。
花粉が治まってこれからといった矢先に臀部痛。

やっと昨日登山に行ってきた。
行先は山伏。
「ヤンブシ」と読みます。
山頂からは、こんなにきれいな富士山。

北に目をやれば、まだ雪をかぶった南アルプスの山々

これだから登山はやめられない。

山頂には頂上を示す日案内表示がある。

間違って山伏岳となっている「岳」を誰かが削ってある。

昨日は、山伏から大谷嶺まで足を延ばしたのであった。

途中には、ニホンカモシカがお出迎え。


いつもそうであるがこのカモシカは人が近づいても逃げることをしない。
シカはすぐに逃げるのと大きな違いがある。


大谷嶺からもきれいな南アルプス。
北岳と間ノ岳はちょっと雲にかくれていたが、時間によってとんがった北岳を見ることができた。


昨日は、このザックのデビューの日であった。

いままでの30Lよりちょっと大きめの38L。
自分にフィットしていて実に具合がよかった。

10kgちょっとの荷物を入れて臨んだため、今日は肩の部分が心地よい筋肉痛である。
これからは、今までのドイターのフォーチュラとケースバイケースで選んで使用していきたい。

拍手[0回]

ゴールデンウイーク前半の最終日。
今日も自宅で庭いじりである。

拍手[0回]

まずは格好から
で、トレランの道具を購入した。

以前にSHCのyamayoさんに紹介していただいた静岡のAラジンというスポーツショップへ。
見学だけのつもりが、シューズに足を通したらもう駄目である。
購入モード全開であった。



ジョギングシューズも登山靴も革靴もみんなそうであるが、自分は3E程度の幅があるシューズしかだめなため、絶対にためし履きは必要である。
本当は、サイズだけ図って、ネットで購入としたかったが、おまけにハイドレーションを入れるザックまで買ってしまった。
もうちょっとで短パンまで購入しそうになったが、サッカーの審判用の短パンがあることを思い出したので良かったが、、、、、、
反省

拍手[0回]

昨日の雨はすごかった。何もかもが洗い流されたような気がする。
ということで、蓮花寺池公園へ。

もうフジの花が咲いているではないか。
















蓮花寺池公園は、今年も4月26日から5月5日の連休までは、藤まつりが開催される。
でもこの調子では、来週あたりに藤の花も満開になってしまうだろう。

そういえば、昨年も開花が早く、藤まつり期間中には藤の花は散ってしまったか、散る間際の藤の花しかなかった。

毎年、開花が早まっているので藤まつりの日程も前倒しで行えばいいのにと思ってしまう。
たぶん今年も、昨年同様に藤の花が終わってしまった藤まつりになってしまうだろう。

拍手[0回]

平成25年3月30日
カモミールは、日に日に大きく育っている。

今日のカモミールです。


だいぶ双葉も大きくなってきているので、込み合ってきた。
もうちょっと大きくなったら移植のタイミングである。
今しばらく今の鉢で大きくしていく。

拍手[0回]

花粉症まっただ中。
無謀にも蓮花寺池公園へ。

自分が定めた杉の標準木は、だいぶ赤みが薄れていた。
以前撮影したのと比較をすると、
こんな感じ。上は、3月17日撮影したのも、下は2月11日のものである。




この付近の杉花粉は、ピークを過ぎたと思うようにしよう。
活動を再開するのももう少しの辛抱である。

さて、今日は、ソメイヨシノの話題も。
蓮花寺池公園の比較的風が当たらない暖かな場所の木には、花が10輪程度咲いていた。
昨日が東京の靖国神社の標準木が開花したとのことだが、
こっちも同じ日に開花しているのであった。

他の木はまだ固いつぼみのもあるので、満開はまだ先になると思う。


今日はスイセンの花もきれいであった。


やっぱり春はいいものである。
もうすぐそこである。

拍手[0回]

どうもやられたみたいである。
花粉に反応してしまった。

普通の人の花粉症は、鼻水が出たり目が痒かったり、しょぼしょぼしたりなどの症状であるが、自分の場合は、風邪の症状が出てしまう。
熱や頭痛、肺が痛かったり、関節の節々が痛くなったりする。

今日は、頭痛と肺の痛みである。それに鼻水が加わって最悪である。
それでも熱が出ないだけましかもしれない。

メガネとマスクをして蓮花寺池公園に行ったものの、風が強く、花粉を吸いこんでしまったようだ。
まだまだ花粉の飛来は続く。
おびえながら生活するしかない。


拍手[0回]

そろそろ春の準備を始めた。
今年の計画にも書いたが、やりたいことの一つに「ひょうたん」づくりがある。
ひょうたんの実を収穫したいのと温暖化防止のためのグリーンカーテンを兼ねた一石二鳥の計画であ~る。

近くのホームセンターでは、まだ種が販売されていなかったので、ネットで購入することにした。
商品代金141円と送料70円の211円である。
近くの店で買えば150円なので送料分が余分ではあるが、欲しくなったら待てない性分である。
楽しみながらネットで検索し購入した。


ひょうたんと言っても色々な品種がある。
大きく育つやつ、長ーいやつ、太っちょのやつ、小さいやつとさまざまである。
選んだのほひょうたんの中では標準種である「千成ひょうたん」。
育つと10cmぐらいの大きさのひょうたんがたくさん取れるのでその名前が付いたようである。
パッケージには、「鈴成りにたくさんつきます」となっている。

もうちょっと大きく育つやつは「百成ひょうたん」という品種もある。
こちらは20cmから30cmの大きさになるようである。

まだ種をまく時期ではない。
パッケージを見ながら夏の鈴成りとなったベランダを想像しながらワクワクしている自分がいるのであった。

次の準備は、土づくりである。
こちらは、今の時期から行うことができる。
ホームセンターで土をしいれてくることにする。

拍手[0回]

昨日は、平野部の初雪だそうだ。


拍手[0回]

今日も良い天気。いつものところへ。

水面は穏やかである。今日も多くの市民がウォーキングしてるのであった。


トリムコースを行くと、いつもの杉の木は花粉が爆発しそうである。




今日もきれいな富士山を観ることができた。
たぶん多くの人がトライしているのだろう。

いつもはアップの富士山であるが、今日は高草山を含めた富士山です。
写真右下にカメラのストラップが映り込んでしまった。ちょっと残念。

2月に入ると、スギ花粉のため、あまり外出ができなくなってしまう。
爆発する前のこの時期に、できるだけアウトドアに勤しみたい。

拍手[0回]

昨日は、宴席があったので今日も近くの蓮花寺池公園へ。

今年初である。


山頂からの富士山は、寒く澄みきった気温のため一番の富士山を仰ぎ見ることができた。


ここに来ると気になるのが、杉の花粉。
今年は例年に比べ非常に多いと予想されている。
うっとうしい季節がもうすぐかと思うとちょっと憂鬱になってしまうのであった。

拍手[0回]

2013年。今日から始動します。
今年もよろしくお願いします。

今年の計画

ブルーベリー栽培
夏野菜栽培
ひょうたん栽培(グリーンカーテン)

登山関係
富士山
南アルプス南部(赤石・聖岳等)
南アルプス北部(北岳・間ノ岳・農鳥岳)
南アルプス北部(鳳凰山)
八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳)
中央アルプス(御嶽山・木曽駒ケ岳)
安倍奥の山々

こんな具合ですが、計画どおり行くのでしょうか。



拍手[0回]

良い天気になった。
蓮花寺池公園からの富士山は実にきれいであった。


いつも登る高草山もきれいな姿を見ることができた。


12月前半にはきれいに紅葉していたカエデも、既に落葉してきれいな絨毯を敷き詰めてくれている。

今日も朝は冷え込んだが、太陽が昇るにつれて暖かくなっていった。
そこで気になるのが杉の花粉である。
今年はすごく多く飛散するらしい。
今から憂鬱である。
自分の中ではいつから予防薬を飲み始めるかの目安になる標準の枝がこれ。

だいぶ大きく膨らみ、今にも葉糞が飛び出しそうである。

拍手[0回]

職場の駐車場から北を眺めると、雪をかぶった南アルプスの山々がきれいに見えることがある。

いつも見えるのではなく、空気が澄んで、気温が下がった時に見えることが多い。
富士山が寒い時期によく見えるのと同じである。





このように見えるのである。

夏には、空気が湿気を帯びているので遠くまで見ることができないし、山の緑色が前衛の山々とかぶってよく見えないのである。

この時期の楽しみの一つになっている。

しかし、山の名前が同定できないのである。
iphoneのアプリで山を同定してくれるアプリがあるが、ちょうど雪をかぶった山の名前を表示してくれないのである。
光岳と山伏の間の高い山です。

拍手[0回]

今日も良い天気であるが、山には行かずショッピング。

ちょっと厚手の手袋、ガス缶、ツエルトの張り綱にヌバック登山靴用の防水スプレーである。

厚手の手袋は、-20℃まで使用できるものである。
しばらくは山で使用する機会はないと思うが、自転車通勤の時に使用してみたい。


拍手[0回]

もう12月。
年を取ると、なんで日がたつのが早いんだろう。
今年もあっというまであった。もう一年という感じである。

今日は、高草山、満観峰、花沢山の定番コースを歩いてきた。
途中からの富士山は、




ちょっと雲が邪魔であるが、きれいに雪をかぶった富士山を仰ぎ見ることができた。

これからの季節は、富士山がきれいな季節になる。
職場からの富士山が楽しみである。


焼津の町は、



きれいな街並みである。

焼津港は、朝日にきれいに輝いていた。


清々しい心地よい日であった。

拍手[0回]

日曜日に蓮花寺池公園に行ったとき、杉の芽の状態を確認した。
まだ青々しているがたくさんの芽がついていることが分かる。


これを見てしまうと今から憂鬱になってしまうが、まだ飛散まで二ヶ月程度あるのでそれまでに山登りを楽しみたい。

来年も今年同様2月と3月は山登り休止期間とする予定である。

拍手[0回]

昨日の雨が一転。今朝はいい天気である。
気温も低くないので、気持ちいくらいである。

昨日の雨は、富士山のような標高が高い山には雪となったに違いない。

今朝は一か月ぶりに蓮花寺池公園に行ってきた。

そこにはきれいな富士山が。



5合目あたりから雪であると思う。
たぶん、今日もたくさんの登山者が登っているのであろう。

一昨日には、職場の駐車場からは、ユキを被ったきれいな南アルプスが見ることができた。



スマホのアプリで、山を同定してくれるアプリがあるので、それで試してみるが、手前にある山伏などの山が表示されてしまう。

その向こうには、笊ヶ岳があるはずであるが、果たして当たっているのかわからない。




その西側には、光岳や茶臼岳なのであろうか。

山を見て同定する力を身につけなくてはいけない。

拍手[0回]

昨日、静岡市の梅ヶ島まで紅葉狩りをかね、登山に行ってきました。
天気予報は晴れであったが、実際はくもり、、ガス、、ちょっと雨といった山の天気であった。

午前中の早い時間はガスでまったくダメであったが、お昼近くになるとそれでもガスは取れてきた。皮肉なものである。

1週間程度早かったと思うが、十分楽しめた紅葉であった。















我が家のブルーベリーの紅葉は、こんな感じ。
まっ赤である。

拍手[0回]

家の外にくもが巣を張った。
クモ自体も小さかったのが、だんだん大きくなってきた。

こんなクモである。






ネットで名前を確認するとどうも「ジョロウグモ」のようである。

家の周りを確認するといるわいるわ。
合計で10匹以上。
それでも黄色とお腹の赤色がきれいであるので、そのままにしておく。


我が家にはこれ以外にこんなクモもいる。



といってもこれは、そのクモの巣である。名前は「ジグモ」というクモである。


巣を取り出して、クモを写真に撮りたかったが、地面が湿気を帯びており、引っ張ると切れてしまい撮ることができなかった。

ということで、こんなクモであるので、ウイキペディアにリンクをしておいたので、見たい方は確認してください。

拍手[0回]

北岳に登ってきました。
今年初の北岳は、天気にも恵まれ最高の登山となりました。
芦安のタクシー乗り場は、1時間前から順番待ち。たくさんの人が乗れずにバスに乗ることになりました。
約40分ほどで、広河原に到着。


北岳を目指します。


途中はこんな感じの登山道


途中紅葉は、



こんな感じです。


沢にかけられた橋もわたります。


まだあまり急ではありませんが、登って行きます。




登りはじめて1時間半ぐらいで二俣の分岐の到着。
今日は左俣コースを進みます。


この登山道は、花がきれいに咲いています。










二俣付近のナナカマドは実は真っ赤ですが、葉はまだ青々しています。


二俣の横にはこのような雪渓があります。もう溶けないですね。



この後、急な登りになります。ハシゴで一気に高度を稼ぎます。
でも足が上がりません。


岩場を通り、だんだん登りもきつくなります。
こんな時に景色を見て、気を紛らわします。


登りはじめて4時間20分後、山頂に到着


景色がきれいでした。でもちょっとガスが上がってしまって、見えない時間もありました。


40分ほど山頂で休憩し、今度は下りです。


肩の小屋へ向かって山頂を振り返ります。



下りは、肩の小屋経由、草すべり、白根御池小屋ルートを下ります。




紅葉がきれいな山々を見ながら下山は実に楽しいです。





下りはじめて1時間30分で、白根御池小屋に到着。
ここで小休止して、おいしい南アルプスの水を補給しました。



休んだ後は、ひたすら下ります。
また1時間30分後、吊り橋に到着しました。



今回の登山は、登山道でお逢いした方と、一緒に行動をしていただきました。



いろいろな話をして下ったので、あっという間の3時間でした。
ありがとうございました。

また、どこかの山でお逢いしましょう!!

ということで、今回の北岳登山は終了しました。

次に北岳に登るときは、テントを担いで農取岳まで縦走もしたいと思います。
体力をつけなくては。

拍手[0回]

いつも行く瀬戸川の土手の彼岸花も満開である。

赤い色でまわりも赤く見えるほどである。


このような群生している場所があちらこちらにある。

その中で1カ所、白色の彼岸花が咲く場所がある。
赤い色の突然変異なのか、違う品種なのかわからないがきれいである。
去年もブログで書いたが、今年もその場所に数株咲いていた。



引いて写してみるとこんな感じで咲いている。


彼岸花は赤が定番であるが、白だけで群生している場所があればぜひとも行ってみたいものである。

もしかしたらもっと別の色の彼岸花があるのかもしれない。

拍手[0回]

今日も30℃越えである。暑いの一言である。
先週に引き続き蓮花寺池公園へ。

きれいに富士山を観ることができた。
富士山

暑さのため蓮花寺池を散策している人も少ないように感じる。
この後天気予報では雨である。
気温が下がってもらいたい。

自宅のオクラは相変わらず、きれいな花をさかせている。





この花が落ちると1週間ほどでオクラが食べられる。
今年もすでに50本ぐらい収穫した。
10月初旬まで収穫し、残りは来年の種取用にして収穫を終了する予定である。

拍手[0回]

久しぶりに蓮花寺池公園へ。

古墳広場からは、高草山と伊豆半島がきれいに観られた。
富士山は、雲に邪魔されて駄目であった。

高草山は緑がきれいであった。
高草山

伊豆半島も肉眼ではきれいに確認できた。



池の周りは、ハスの葉がきれいである。


珍しいところで、鬼バスの花が咲いていた。


これから徐々に朝晩冷え込んで切ると思うが、池の周りを歩くには良い季節となる。利用者も増えることだろう。

拍手[0回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[04/25 Jasper]
[04/25 賢パパ@今年は行ってみようかしら]
[03/01 Jasper]
[03/01 賢パパ@今日は花切りだけで早上りの予定]
[12/07 Japser]
[12/07 ひとちが]
[12/04 Jasper]
[12/03 賢パパ@今日は通常営業]
[05/11 Jasper]
[05/11 あっちゃん]
[05/10 Jasper]
[05/10 あっちゃん]
[01/18 Jasper]
[01/18 ひとちが]
[01/18 Jasper]
[01/18 賢パパ@今日は雪かしら]
[01/11 Jasper]
[01/11 賢パパ@そろそろ寝る時間]
[11/03 Japser]
[11/03 賢パパ@そろそろ寝る時間]
最新TB
プロフィール
HN:
Jasper
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ